サポートエンジニアのひとりごと(旧.本格焼酎忘備録 新館)

サポートエンジニアとして、日々の業務などから思うところをつらつらとアウトプットするBLOGです。誤解の多いサポートエンジニアという職種について、皆様の理解が深まれば幸いです。

パソコン・インターネット

Analyticsのキーワードが取れなくなった?(2015年1月15日現在)

GoogleAnalyticsのキーワードが取れなくなった、と話題になっています。
実際には場所が変わっただけで引き続き取得可能です。

1.左のメニューから「集客」を見つけ、クリックします。
01

2.「キャンペーン」をクリックします。
02

3.「オーガニック検索キワード」はここにありました。
03

こちらで引き続き、確認可能です。何かの参考になれば幸いです。




Facebook春のBAN祭り

サポートとは少し違う話ですが、おつきあい下さい。

残念ながらFacebookが終了のお知らせとなったようです。
本名でなければダメであるという方針をかたくなに貫いているFacebookですが、アクティブユーザで本名を使っていないと推測される人を次々とアカウント停止、すなわちアカBAN処分としているようです。

責任ある発言と顔が見える交流のために本名必須が方針ということであればそれはそれでよいのですが、ここで問題となるのは芸名を使用している芸能人の場合です。芸能人は本名非公開となっているケースが多々あります。芸能人は芸名が許されているのになぜ普通の人は許されないのか、ここがFacebook最大の矛盾点だといえます。

芸能人は本名よりも芸名の方がその人の人格を表示するのにもっとも適しています。本名では誰だか判らないことも多いでしょう。それと同じようにハンドルの方がその人の人格を示しているケースはたくさんあります。一般人が使用するハンドルと芸能人の芸名、なにが違うのでしょうか?芸能人には芸名使用を許可するのにハンドル使用がなぜ認められないのでしょうか?

以前、日本にはパソコン通信がありました。基本的にハンドルの世界でしたが、発言の信憑性は今よりも高く、大人のやりとりが今よりも多く見られました。ハンドル使用なのになぜでしょう?

根本的な理由は本名を使用しているかどうか。それが公表されているかどうかではなく、責任ある会話がなされなければならない環境にあるかどうか、です。責任ある発言がなされるためには荒らし行為を行う人物が永久追放になったあと二度と戻れないように本人認証を行うことが重要です。本人認証の手段として本名使用を必須にするという愚策ではなく、クレジットカードによる本人認証、クレジットカードがない場合には公的証明書による本人確認を入会の条件とすればよいのです。そうすれば芸名はいいのにハンドルはダメという矛盾も簡単に解消出来ます。

日本ではリアルとネットを分けたい人がたくさんいます。そうした人々のニーズに応えられない限り、Facebookは表面上の作られた盛り上がりに止まってしまうことでしょう。

バッファローPCastTV3初期起動時に発生する問題について

いつものサポートに関する話題とは直接関係しませんが、Tipsとして共有情報を載せておきます。これも一種のサポートということでご容赦下さい。

先日、BuffaloのDT-H70/PCIEを購入して、パソコンで地デジを視聴する環境を整えました。ところが、全てのセットアップが完了したのにバッファローの視聴ソフトであるPCastTV3を立ち上げると映像が出ない上にPCastTV3がフリーズして応答なしになり固まるという症状が発生しました。
いろいろと検索をしていると公式に以下のページを見つけました。
http://buffalo.jp/download/driver/multi/pcasttv3_radeontool.html

どうもRADEON+WindowsXPの場合、PCastTV3と相性が良くないようです。ただ、ここからダウンロード出来るツールをインストールすれば無事に解決出来ますので、同様の症状に悩んでいる方はぜひお試し下さい。

はてなブックマークボタンのlivedoor blogへの導入Tips

はてなブックマークボタンが新しくなりました。3つの種類から選べてブックマーク数がわかりやすくなりました。というわけで早速このBLOGでも導入してみました。

はてなブックマークの説明では単一のURLしか出来ないように見えますが、当然変数を代入してしまえばBLOGの個別記事への対応は簡単です。今回私が使用したのは以下のようなタグです。

<a href="<$ArticlePermalink URIESCAPE$>" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="<$ArticleTitle$> : <$BlogTitle$>" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="http://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only.gif" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>


ArticlePermalinkで個別記事のURLを変数として投入しているだけの簡単なカスタマイズです。タイトル欄があったので一応ArticleTitleとBlogTitleで記事のタイトルとBLOG名をそれぞれ投入していますが、HTMLのタイトルタグのほうが優先的に反映されるようです。

簡単にわかることではありますが、参考情報として記事を上げておきますので、悩んだ方はご参照いただき、願わくば下のボタンからブックマークしておいていただけると嬉しい限りです(笑)

mixiはNIFTY-serveの焼き直し?

void氏とmixiがもめているようです。
昔からインターネットと関わっている人には日下部氏と言えば通りがよいと思います。
インターネット黎明期からニュースグループにいる人でアスキーネットでも色々と投稿をされている方です。一般的に通りの良い略称でも正式なものでないと煽りを入れてくることで有名な方です。

例えば
「この前自分のHPを作ったんですよ。」
「HPってなんですか」
「ホームページのことですけどご存じないのですか」
「ホームページってなんですか」
「インターネットで見られるやつですよ」
「インターネットで見られるやつってなんですか」
という具合です。(上のやりとりはあくまでイメージであり実際のやりとりを採録したものではありません)このやりとりは正式にはWebページないしはWebサイトというのが正しく、HPと略すとヒューレットパッカードの方を指すことも出来る、そしてWebサイトのことをホームページと呼んだり、HPなどと略したりするのは日本だけという事実があるためです。

この方がmixiへ入られて、同じようなことをした結果、一部の方から猛反発を受けてmixi事務局へ抗議が殺到し、ついには強制退会処分となったとのことです。

私がもっとも懸念するのはこうした煽りをすることで貴重な情報提供者がいなくなってしまうことです。ニュースグループでもvoid氏の発言スタイルによって多くの方が立ち去りました。私の入っていたとあるメーリングリストでもvoid氏の参入以後、メンバーが半減しました。きつい表現で事実を追求されてしまうので「確かこうだったはず」などの発言が一切出来なくなり、こうした場所で楽しい相互に情報提供しあい、ミスや思いこみを修正していくいうやりとりが一切出来なくなってしまうのです。

以前よりvoid氏のやり方はよく見知っておりますが、技術者主体であった以前とは違って技術的なことは何も知らない人が増えている現状で同じようなやりとりをしてしまうとこうしたトラブルは以前よりも起こりやすいと思います。

擁護論なども多くあるようですが、mixiの利用規約に
・他人の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害する行為
・他のユーザーに対する中傷、脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為。特に、本人に許可を得ずにユーザーID、ニックネーム、氏名等を特定した上での攻撃的批判(反論の機会や手段が乏しい状況下で一方的に行われている場合等)にあたる投稿を掲載することは、トラブルの元となりますのでお控えください。
とあって、この規約に則った要請が多数寄せられればmixi事務局としては警告の後に強制退会処置を執らざるを得ないと思います。また、void氏を再招待するのは変だという意見もありますが、メールアドレスを多数持ち、再入会に関する規約がない以上、これは仕方のないことだと思います。それが嫌ならばmixi事務局から強制退会処置を受けた人は二度と入会できないという規約を入れなければならないわけですが、そこまで望む人がどの程度いるかですね。

mixiを取り上げるニュース「mixiで出会って結婚」「mixiで転職」「mixiで新しいソフトが生まれた」などは全て"mixi"の部分を"NIFTY"にすれば数年前にAI出版のネットワーカー誌や電波新聞社の「マイコン」、アスキーの「月刊アスキー」などで取り上げられたことばかりです。私にはこの問題も既にNIFTYで問題(※)となったことの焼き直しに見えます。結局、mixiも往時のNIFTY-serveのフォーラムとそんなに変わらない問題を抱え、変わらない突き上げと意見が出てくるのかな、やっぱり時代は回るのね、と思いました。

(※)まだNIFTY-serveのフォーラムが活発であった頃、「フォーラムは公共の場であり、NIFTY当局やSYSOPの恣意的な運用はおかしい」と言う意見が必ずついて回り、「民主的な運営を求める」などといった強硬論まで登場したことがあります。
livedoor プロフィール
私の管理しているサイト・BLOG
本格焼酎の楽しみ
本格焼酎と泡盛に関して様々な情報をまとめています。
本格焼酎忘備録 本館(at @nifty)
こちらは主に本格焼酎や清酒など酒類に関する話題を扱っています。
焼酎ニュース通信
本格焼酎に関する時事ニュースのまとめです。
本格焼酎忘備録 モブログ館(at JUGEM)
外出先のちょっとした時間で撮った写真を投稿するために設置しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ